日々読んだり料理したりしています。
--.--.-- --
Category | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
l top
2009.10.29 Thu
Category | Read
三匹のおっさん三匹のおっさん
(2009/03/13)
有川 浩

商品詳細を見る


「『三匹の悪ガキ』のなれの果ての『三匹のおっさん』どもでよ、私設ボランティアでもやってみねぇか」


剣道の町道場の師匠であり、退職後は近所のゲーセンに再就職したキヨ。
柔道の達人で、経営していた居酒屋を息子夫婦に譲り悠々自適のシゲ。
機械弄りの天才で、現役で町工場を経営しているノリ。
60歳にはなったけれど、「俺達はまだまだやれるぞ!」と、家族には内緒でこっそり自警団を結成。痴漢に詐欺師、悪徳商法と、ご近所にはびこる悪をやっつける!!


団塊世代の元悪がき三人組が、還暦を迎えても「まだまだ人様のお役に立てるはずだ!」と、結成した「三匹のおっさん」が、悪党どもを懲らしめる、痛快おじ様活劇です。

何はともあれ、この三人の活躍っぷりが面白い。
武道派二人と頭脳派一人がチームを組んで、悪人をばったばったとやっつけていく様は、愉快痛快、といった感じです。
全6編の短編集ですが、三匹が毎回趣向?を凝らして作戦を立てるので、読んでいて全く飽きません。
キヨの孫息子とノリの愛娘の初々しい交流も、とっても可愛らしいし、回を重ねるにつれて少しずつキヨと孫息子の距離が縮まっていくのも、何だか微笑ましい


勧善懲悪に近いのですが、ちょっと訳ありの話もあり、なかなかホロリとさせられます。
独居老人の孤独や若者の事情など、今の日本が抱えているささやかながらも深刻な問題も描かれていて、読みながら色々と考えさせられたり。

まあ、でも、とりあえずはあまり深い事を考えずに、「あー、良かった良かった」と、水戸黄門様を見るような気軽な気持ちで読むのが一番かもしれません
スポンサーサイト
コメント (0) トラックバック (0) l top
2009.10.26 Mon
Category | Cook
イカリングはカリッと揚げると美味しかったです

091026イカリング

・イカリング(withキャベツの千切り)
・大根おろしとじゃこ
・サツマイモの甘辛煮
・味噌汁(大根、あげ)


先日、近くの港で艦艇を一般公開していたので、点字講習の帰りに何人かで見に行ってきました。

091026艦

沢山並んでいて、なかなか壮観でした。
もうちょっと天気が良かったら、良かったのになあ~
夜には電灯をつけていて、とっても綺麗でしたよ
コメント (0) トラックバック (0) l top
2009.10.20 Tue
Category | Cook
次回は、コンソメ味で作ってみようかと思ってます~

091020ロールキャベツ

・ロールキャベツ
・なます
・キャベツとトマトのサラダ
・味噌汁(あげ、わかめ)


ハロウィン限定のチロルチョコのセットがあったので、買ってきました

091020チロル

「パンプキンタルト」味が限定らしいのですが、どうしても「かぼちゃの煮つけ」味だとしか思えない・・・・
あ、他の3種類は普通に美味しかったですv
コメント (0) トラックバック (0) l top
2009.10.15 Thu
Category | Read
廃墟建築士廃墟建築士
(2009/01/26)
三崎 亜記

商品詳細を見る


「廃虚とは、人の不完全さを許容し、欠落を充たしてくれる、精神的な面で都市機能を補完する建築物です。都市の成熟とともに、人の心が無意識かつ必然的に求めることになった、『魂の安らぎ』の空間なのです」


 いつか「廃虚」となる為だけの建物を建てる建築士、「廃墟建築士」
 先代の意思を忠実に守り、人々の癒しの空間となるような廃墟を誠実に建ててきた主人公だが、独立した弟子が建てたのは、近隣住民の反対を押し切っての高層の巨大廃虚建築だった。
 やがて立ち会い検査の後、とある廃墟の建築偽装に気付いた主人公だったが・・・・



 全四編の短編集。
 総てが「建物」に関わるお話なのですが、やはりそこは三崎ワールドと言いますか、日常の一部に非日常な世界が混ざりこんでいます。
 登場人物が苗字だけだったり肩書きだけだったりで、存在自体が淡々としている場合も多く、生活臭もあまり感じません。
 この淡々さ加減は、世界観にも繋がっているのではないかと思います。


 そのくせ、人々の行動が妙に人間くさい。
 各々が行動を起こす動機付けとして、様々な「感情」が絡み合っていますが、その複雑さが、はっとするほどリアルです。
 世界は非日常ですが、登場人物はすぐ近くの日常にいる。
 掴み所の無い距離感のあやふやさと世界観の不思議さは、読み手によって好みが分かれるかと思いますが、はまればはまる作品です。


 私は「蔵守」の話が一番気に入りました。
 いつか来るとも分からない「侵略者」から蔵を守る為だけに、一生を蔵守の仕事に捧げる人の物語。
 皮肉っぽく書けば、星新一作品風のブラックユーモアになりそうな題材ですが、この作者が描くと、理不尽さや人生の無常さも、あくまで淡々と悟ったように流れていきます。
 それがどこか物悲しい。
コメント (0) トラックバック (0) l top
2009.10.11 Sun
Category | Cook
人参が余っていたので、あれこれ使ってみました~

091010アジフライ

・アジフライ
・なます
・肉じゃが
・味噌汁(大根、人参、豆腐)


「港の見える丘公園」にある神奈川近代文学館で、大乱歩展をやっていたので、見に行ってきました

091010乱歩

明智小五郎シリーズや、少年探偵団シリーズの古い装丁などが飾ってあって、なかなか面白かったです

港の見える丘公園の周辺は、無料で入れる洋館が沢山あって、なかなか見ごたえがあります。
喫茶店もお洒落なのが軒を並べていて、目移りしてしまいます。どれも美味しそうだ~
ちょうど外人墓地も開放していて、良い散策となりました
コメント (0) トラックバック (0) l top
2009.10.07 Wed
Category | Cook
ちょっとバタバタしていて、パソコンを触れませんでした

091007にんにくの芽

・にんにくの芽と豚肉炒め
・うのはな
・野菜サラダ
・味噌汁(あげ、しめじ)

にんにくの芽は、軽く茹でた後に冷凍しておくと、何かと重宝です


台風が近付いてきてますね~
明日の朝に上陸するそうなので、気をつけてください!
コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。