日々読んだり料理したりしています。
--.--.-- --
Category | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
l top
2010.05.29 Sat
Category | その他
さてさて、今回の屋久島旅行の大本命、縄文杉登山であります。
歩行時間が10時間前後かかる上、最近はマイカー規制がかかっているので(屋久杉自然館から出るシャトルバスに乗って、登山口まで行きます)お宿は4時に出る事に決定。
フロントでシャトルバスのチケットを購入し、登山届を書き、朝食を登山用のおにぎりに変更してもらうようにお願いし。
前日は9時頃からお布団に入り、10時になったら就寝


◆03:30◆
 起床。
 登山靴を履いて、リュックを背負って、帽子をかぶって・・・と、いそいそと準備。


◆04:00◆
 おにぎりをフロントで受け取り、レンタカーで屋久杉自然館へごー。
 本当は登山道途中で食べる予定だった朝食を、待ちきれなくて食してしまう私達
 駐車場へ04:40到着。


◆05:00◆
 シャトルバス出発。まだまだ外は真っ暗です。
 バスに乗り込んだ瞬間、即ぐうぐう睡眠。05:30荒川登山口へ到着。


◆05:45◆
 この頃、ようやく辺りは明るくなってきました。
 トイレを済ませ、準備運動をし、いざ出発!!
0545登山口

最初の8キロ(3時間程)は、トロッコ軌道を歩きます。
てくてくてくてくてくてくくくく・・・・
トロッコ軌道
マイカー規制のせいか、GWのピークを過ぎていたせいか、思っていたより登山客は少なくマイペースで歩けました

途中、落石箇所があったので迂回路を進む事に。
33 迂回路
上り下りの大変急な迂回路は、復路での疲れ切った足には大変堪えました・・・行きはよいよい帰りは怖い


◆06:40◆
 小杉谷集落着。
0640小杉谷集落
 昭和45年まで林業関係者が暮らしていた集落で、小中学校の広い跡地があります。
 ここで5分ほど休憩。
 休憩用の東屋もあり朝食ポイントなのですが、既に食べてしまっていた私達はチョコや塩飴をつまみ食い


◆07:30◆
 三代杉到着。
0730三代杉
 一代目が倒れた上に二代目、切り倒された二代目の上に三代目、と三代が折り重なるようにして生えている杉です。
 この根元の空洞だけで、人の背丈ほどあります。でかい~

 白谷雲水峡へと続く楠川分かれを横目に、さらにてくてくてく。


◆08:45◆
 大株歩道入口到着。
0845大株歩道入口
 なが~いなが~いトロッコ軌道とはここでお別れ。いよいよ登山道へと入ります。
 というわけで、10分ほど一休み。カロリーメイトをパリパリ食べて、カロリー補給。
 トイレに行って、ペットボトルに水をくんで、手には軍手をはめて。
 さてさて山登り開始!

 山小屋から下ってきた宮之浦岳縦走の方達と、ここら辺からすれ違うようになります。
 「おはようございます!」と爽やかに通り過ぎていく方もいれば、足を引きずり辛そうな表情の方もいました。頑張ってくださいー!


◆09:00◆
 翁杉到着。
0900翁杉
 苔や着生植物が髭のように見える事から、翁杉と呼ばれているそうです。
 ごつごつとした苔むした姿は、とても貫禄があります。


◆09:10◆
 ウィルソン株到着。
 0910ウィルソン株
 豊臣秀吉が伐採させた、という言い伝えのある株。
 では何故ウィルソン?というと、大正時代に調査のために屋久島を訪れた植物学者のウィルソン博士の名前にちなんだとか。
 切り株の中は空洞となっており、上を見上げるとハート型に空が覗けます(写真はいびつな形になってしまいましたが
 小さなお社もあり、怪我をしないようにとお参り。


 ウィルソン株を過ぎると、登りがきつくなってきます。
 ながーい階段がこれでもか!と続くので、結構足にきます
 焦らずに、ゆっくり一歩一歩、登っていきます。


◆09:50◆
 メドゥーサ杉到着。
0950メドゥーサ
 前を行くパーティーのガイドさんが「ではここで振り返ってくださーい!メドゥーサ杉がありますよー!」と突然振り返ったので、同じ様に振り返って見ると。
 こんな杉が立っていました
 髪がヘビで出来ていて、一睨みで人を石に変えてしまうという、あのメドゥーサです。
 根っこにも見える事から「逆さ杉」とも言われているみたいですが、なかなか異彩を放っていました。


◆10:15◆
 大王杉到着。
1015大王杉
 縄文杉が発見される前は、この大王杉が最大の屋久杉だと言われていたそうです。
 流石に威風堂々とした立派なお姿
 ただ、登り道の途中にあるので、あまりじっくりとは見られなかったのが残念無念。


◆10:20◆
 夫婦杉到着。
1020夫婦杉
 二本の杉が枝で繋がっているのですが、それがまるで手を繋いでいる様に見える事から夫婦杉と呼ばれているそうです。
 ちなみに、右が夫で左が妻だそうで。ふむふむ。
 ・・・・いい加減疲れてきているのか、登山客も若干感動薄です


◆10:45◆
 さあて!!
 いよいよ最終デッキです!!
1045縄文杉1
 逸る心を抑えて階段を登ると・・・・

 じゃじゃーん!!
1045縄文杉2
 ついに縄文杉とのご対面です!!
 デッキの上からなのでちょっと遠めになってしまうのですが、それでもその大きさには圧倒されました。
 正確な樹齢は不明だそうですが、7200年という説もあるそうです・・・長い歳月ですなあ

 ちょこちょこと写真を撮った後、近くの休憩小屋で昼食。うまうまー!!
 時々シカがお弁当を狙ってきましたが、「あげちゃ駄目なんだよーう」と皆さん死守していました。
 キュウキュウと鳴いていましたが、そんな可愛い声を出しても駄目なんですよーう


◆11:30◆
 もう一度デッキに上がり、縄文杉を見納めて。
 さて、麓に向かって下っていきます。
 同じ道のりですが、下りの階段や山道は滑りやすいので、ゆっくりと慎重に歩いていきます。

 てくてくてくてく・・・・

 帰りのトロッコ軌道はかなり退屈&眠いので、歌なんぞを歌ってみたり
 がしかし、歩く速度にあわせるためか、どうしても行進曲系しか出てこない~
 私の頭の中は「星条旗よ永遠なれ」がエンドレスでした

 てくてくてくてく・・・・

 そして最後にして最大の難所、迂回路をえんやこらと超え。


◆15:45◆
 荒川登山口到着。
 「疲れたー」とへたり込みなりそうになるのを抑えつつ、ストレッチをして、お菓子を食べて、募金をして。
 やってきたシャトルバスに乗り込み、駐車場からはレンタカーにのって、お宿に帰りました。
 夕飯を食べて、お風呂に入って、ばたんきゅー。



そんなこんなで、屋久島顛末記でありました。
年齢と共に体力も確実に落ちているはずなので、結構きついかな?と心配していましたが、「マイペースにゆっくり」を心掛けたせいか、思っていた程の疲労はありませんでした。
とは言え、翌日の階段の下りは筋肉痛で「うううう」と呻いていましたが

亜熱帯から亜高山帯まで、様々な表情を持つ「洋上のアルプス」屋久島。
また機会があれば、行ってみたいものですv
スポンサーサイト
コメント (0) トラックバック (0) l top
2010.05.22 Sat
Category | その他
屋久島は周囲約130kmの島で、その海岸線を一周道路(綺麗に整備されています)がぐるりと回っています。
島の中央部分には2000m近くの山々が占め、殆どの町や集落は、この一周道路の周りにあります。


屋久島に到着したのは11時。
午後いっぱいを使って島をぐるりとレンタカーで回りつつ、夫君の大好きな滝巡りをする事にしました。


○大川(おおこ)の滝○
大川の滝 大川の滝2

一周道路の脇にある滝で、すぐ近くまで車で行く事ができます。
とことこと石づたいに渡っていくと、滝つぼのすぐ近くまで歩いて行けます。水しぶきが気持ち良い
88mの落差を目の前で一気に落ちていく様は、本当に豪快です


○千尋(せんぴろ)の滝○
千尋の滝

一周道路から山の方へ入り、くねくねと曲がる道を10数分車でのぼったところにあります。
展望所から遠くに眺めるので小さくしか見えないですが、緑の中を落ちる様はとても綺麗です。
すぐ左側の壁は花崗岩のとても大きな一枚岩で、雨が降ったりすると、こちらも水が流れ落ちるとか。
近くの売店へ出張してきていた、ケーキ屋さんのシュークリームが美味しかったです


○轟(トローキ)の滝○
トローキの滝

土産物屋「ぽん・たん館」の駐車場に車を停めて(帰りに絵葉書とジュースを買いました~)、一周道路からさらに海側へ向かって林の中(けもの道?山道?)を数分下っていくと、木と木の間からぽっかりと覗く事が出来ます。
上記の千尋の滝の下流にあり、直接海に落ちる全国でも珍しい滝だとか
ただ、あまり知られていないようで、おじ様二人組と、一人旅のお姉さんとすれ違っただけでした


○布引の滝○
布引の滝

公園がとても綺麗に整備されています(「トイレもすごく綺麗だった!!」by夫君)
あまり大きくなく島の北側(一湊地区)にあるせいか、ここでは全く人と出会いませんでした・・・・
あと、この地区に「一湊珈琲焙煎所」という珈琲豆屋さんがあり、是非とも行ってみたかったのですが、地図未チェックだったので発見できず
帰宅した後、改めて調べてみたら、なんとこの滝の入り口にありました・・・・うううう残念


○おまけ○
そば ケーキ

途中で立ち寄ったお店で食べた、おうどんとチーズケーキ。
うどんは、サバ節でダシをとったスープに飛魚の揚げが入っていて、とても優しいお味
チーズケーキにはたんかんのつぶつぶが入っていて、素朴なお味でしたv
店員さん(アルバイトの高校生?)が、終始ワタワタしていてとても可愛かったです
コメント (0) トラックバック (0) l top
2010.05.15 Sat
Category | その他
GW後半、夫君と屋久島へ行ってきました!
夫君は初めての、私は3回目の屋久島となります。
もちろんお目当ては「聖老人」こと縄文杉です!!
10時間頑張って歩くぞー!おー!


○天候○
林芙美子さんが「屋久島は1ヶ月間に35日間雨が降る」と書かれていますが、過去2回の屋久島訪問の際にはその言葉の如く、悪天候に見舞われました。
1回目は当初の旅行予定日に大嵐が来てしまい、主催者側から直前キャンセル。そして数ヵ月後のリベンジ時は悪天候で帰りの飛行機が飛ばず、1日延泊。
2回目は縄文杉登山・白谷雲水峡散策の間中、延々雨降り。という按配

今回も雨降りだろうと覚悟を決めていましたが、3日間ほとんど天気は晴れでちょっと拍子抜けしました
うーん、夫君の悪運が強かったせいかしら?
日なたに出ると太陽の威力がジリジリと肌にきますが、日陰にはいるとびっくりするほど心地よい風が吹いていました。



○飛行機○
羽田~鹿児島、鹿児島~屋久島を乗り継ぎました。
早めに予約したため、鹿児島での待ち時間は30分程度とスムーズに行けました。
鹿児島~屋久島間はプロペラ機で、乗客は直接地面に降り立ちます。

屋久島1

思い思いに写真撮影などをした後(乗務員さんも一緒に写ってくれます)、そのままのんびりゾロゾロと、こじんまりとした空港へ。

屋久島2

雰囲気としては、地方のJRの駅(鷲津駅ぐらい)といった感じです。
荷物を受け取った後、空港のすぐ近くにあるレンタカー屋さんで車を借りました。




○宿泊先○
今回の宿泊先は「田代別館」。
2回目に行った時と同じお宿です。

屋久島4

旅館というより大きめの民宿といった感じ。全体的にまったりとした暢気な雰囲気が漂っています。
ちなみにお夕飯はこんな感じ。

屋久島3

トビウオのつけ揚げや唐揚げ、白子の煮付け、首折れさばの刺身、蟹やら海老やら、などなど魚介づくしでした(野菜はほとんど見かけませんでした(笑))。
「三岳を1対1の水割りで」と注文したところ、仲居さんは「一杯は一杯だから濃い目に沢山入れておいたよ!」ととても大きなグラスに擦り切りいっぱい(氷無し)で出してくれました。嬉しいなあ

そして今回も、何故「別館」なのか?どこかに本館はあるのか?という疑問は聞き忘れ・・・ううう、心残りです



○お店○
山歩きの食料調達のために、商店にも行ってみることに。
宮之浦や安房などの大きめの町には、そこそこの物が揃うスーパーやコンビニも数店ありました。
うちの近くのスーパーとあまり変わらない品揃えでしたが、パンコーナーだけは全く知らないメーカーの物ばかりでした
パスコやヤマザキが一切見当たらない・・・・偶然なのか、輸送事情なのか。これもちょっと聞いてみたいところです。

山歩き時の昼食を調達したのは、島むすびというお弁当やさん。
2回目の時も利用しましたが、前回よりおかずがかなり美味しくなっていた気がします
店舗もリニューアルしたようで、とても可愛らしい外観になっていました
コメント (0) トラックバック (0) l top
2010.05.01 Sat
Category | その他
いよいよ待ちに待ったGWに入りました
というわけで、早速お気に入りのお店へれっつごー!

20100501オーブンミトン

まずは、オーブンミトンというケーキと焼き菓子のお店。
お昼はランチもやっていまして(この写真はランチと一緒に頼んだケーキセット)、窓の外の緑を眺めながら、のんびりしてきました。
夫君にお土産で買っていった「桜あずきのマフィン」も好評でした~



次は、魚市場の敷地内にある食堂「浜蔵」。
いつもは地魚丼を頼むのですが、「うなぎ石焼まぶし」という心惹かれるメニューを見つけたので、どんなものか注文。
20100501はまぐら

読んで字の如く、石焼用の器にうなぎまぶしが入れられていました。
うなぎ自体は正直普通でしたが、おこげがなかなか美味。アイデアの勝利、といったところでしょうか。
一緒にタコの唐揚げも注文しましたが、こちらも美味しかったです。


というわけで早々に外食してしまった我が家は、しばらくは家メシの予定です~
コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。